2009年11月17日星期二

The Animation

The Animation (ゼノサーガ THE ANIMATION, Zenosāga: Za Animēshon?) is a 12-episode Japanese anime television series by Toei Animation, which premiered on TV Asahi in Japan on January 5, 2005. The series is based on the PlayStation 2 game Xenosaga Episode I: Der Wille zur Macht. The anime series was picked up by ADV Films but, in 2008, the series, along with over 30 other ADV titles were transferred to Funimation Entertainment.

2009年10月20日星期二

Pandora Hearts (パンドラハーツ)

Pandora Hearts (パンドラハーツ) is a Japanese manga series by Jun Mochizuki. Oz Vessalius, heir to one of the duke houses, has just turned fifteen. His life is rich and carefree, darkened only by the constant absence of his father. At his coming-of-age ceremony, however, everything changes. For no reason that he can discern, he's cast into the prison known as the "Abyss", only to be saved by a "chain" known as Alice, the bloodstained black rabbit. The mystery there begins as Oz unravels the mystery behind Alice, the Abyss and the strange organization known as Pandora.

2009年8月17日星期一

The corporate lab as ringmaster

The Internet has changed many things, of course, but one of its more far-reaching effects has been to transform the economics of innovation.

The nation's big corporate research and development laboratories--at IBM, General Electric, Hewlett-Packard and a handful of other companies--have their roots and rationale in the industrial era, when communication was costly, information traveled slowly and social networks were fostered at conferences and lunchrooms instead of over the Web.

Crowdsourcing and other new, more open models of innovation are really byproducts of the low-cost communication and new networks of collaboration made possible by the Internet.

The corporate lab as ringmaster

The Internet has changed many things, of course, but one of its more far-reaching effects has been to transform the economics of innovation.

The nation's big corporate research and development laboratories--at IBM, General Electric, Hewlett-Packard and a handful of other companies--have their roots and rationale in the industrial era, when communication was costly, information traveled slowly and social networks were fostered at conferences and lunchrooms instead of over the Web.

Crowdsourcing and other new, more open models of innovation are really byproducts of the low-cost communication and new networks of collaboration made possible by the Internet.

2009年6月23日星期二

What is the most important information I should know about Actiq?

Do not use Actiq if you have used an MAO inhibitor such as isocarboxazid (Marplan), phenelzine (Nardil), rasagiline (Azilect), selegiline (Eldepryl, Emsam), or tranylcypromine (Parnate) within the past 14 days. Serious, life-threatening side effects could occur.

You should not use Actiq unless you are already being treated with a similar opioid pain medicine and your body is tolerant to it. Talk with your doctor if you are not sure you are opioid-tolerant.

Keep both the used and the unused Actiq units out of the reach of children. The amount of fentanyl in the Actiq unit can be fatal to a child who accidentally sucks on or swallows the unit.

Seek emergency medical attention if you think you have used too much Actiq or if anyone else has accidentally swallowed it. An overdose of this medication can be fatal. Overdose symptoms may include weak pulse, fainting, shallow breathing, or breathing that stops. Actiq may be habit-forming and should be used only by the person it was prescribed for. Actiq should never be given to another person, especially someone who has a history of drug abuse or addiction. Keep the medication in a secure place where others cannot get to it. Keep track of how many Actiq units have been used from each new supply of this medicine. Fentanyl is a drug of abuse and you should be aware if any person in the household is using this medicine improperly or without a prescription. Do not use more than four Actiq units per day.

2009年5月15日星期五

日本酒百年貯蔵プロジェクトについて

独立行政法人酒類総合研究所と長期熟成酒研究会は、長期熟成による清酒の経年変化の研究を行い、その可能性を追求するために「日本酒百年貯蔵プロ ジェクト」を立ち上げました。プロジェクトの開始にあたり「日本酒百年貯蔵開始式」を、酒類総合研究所東京事務所の赤レンガ酒造工場内において平成17年 12月8日(木)に行いました。
 
  実施場所の赤レンガ酒造工場は、酒類総合研究所の前身である大蔵省醸造試験所が、明治37年(1904年)に設立された当時の面影を残す建物です。

  プロジェクトの目的などは次のとおりです。

1.プロジェクトの目的

 本プロジェクトは長期熟成酒研究会創立20周年を記念し、同会各蔵元が20年の研究成果を結集して造った多様な酒質の日本酒を100年間に渡り貯蔵し、 後世に熟成酒の素晴らしい魅力を伝えるとともに、その間の経年変化を観察し、国際的な名酒として、世界中の人々に愛飲される日本酒を開発するための研究と して実施します。

2.参加蔵元

 長期熟成酒研究会会員25社及び酒類総合研究所

3.貯蔵本数

 参加蔵元ごと、100年貯蔵用として1,800mlビン×1本(又は1,200mlチタンボトル×2本、九谷焼、備前焼の壷など)及び 経年観察用として720mlビン×10本

4.経過観察

 貯蔵開始時及び貯蔵開始後10年ごとに酒類総合研究所・長期熟成酒研究会合同で官能審査 及び分析を行います。

5.その他

  • 特別貯蔵として、昭和元年に製造されたとみられる80年熟成酒1本を収納します。この 酒は和歌山県の帯庄酒造の古い蔵から発見された46本のうちの1本です。
  • 貯蔵棚は長期間腐食に耐えられる木材を使用し、金属は一切使用していません。
  • 貯蔵は、酒類総合研究所のほか東京農業大学の保管庫でも行います。

参考:「日本酒百年貯蔵開始式」の模様は、多数の新聞社から取材があり、新聞等に掲載されました。 
また、12月15日には、NHK(全国放送)でも紹介されました。


【日本酒百年貯蔵開始式の模様】

2009年4月23日星期四

ユトリロと一点透視法

エコール・ド・パリ時代の画家ユトリロは、一点透視法の“王様”ではないか、と思えるほど、街の風景を道の中央から見た構図で描いています。

 しかし、ユトリロの一点透視法は、微妙に消失点がズレかげんだったりします。

 そのために、ちょっと座りが悪かったり、落ち着かなかったりして、不安な感じを起こすところが、描き方と画題にマッチして、彼独特の味を引き起こしていたりするから、これがまた不思議ですね。そこまで意図したんでしょうかね?

2009年3月27日星期五

米田保晴

裁判員制度、公判前整理手続、即決裁判、証拠開示、被疑者国選弁護、取調べの可視化、再審制度など、最近の刑事裁判をめぐる改革の意味を読み解き、現状と課題を考える。それとともに、そのような最新の状況を学生にどのように伝えていくかを法科大学院での実践例とあわせて検討する。

目次

[▼立志]
行政法研究・教育の途上で 岡田正則
[▼法科大学院探訪]
弁護士会と共に歩む/地域の期待を担った法曹育成の新たな拠点  
――信州大学法科大学院 米田保晴教授・高橋聖明教授に聞く

[ロー・ジャーナル]
民法772条をめぐる議論と改正動向について 許末恵
中国人強制連行西松事件の最高裁弁論 五十嵐正博
ロースクールニュース
民事模擬裁判・法科大学院対抗戦 
――名古屋大学・南山大学・愛知大学 藤田哲・木下芳宣・榎本修
ロースクールニュース
法律雑誌「Law & Practice」の創刊 
――ローレビュー、作ってみないか 村方善幸・松尾政治

[特集] 特集 刑事司法改革を読み解く
刑事司法改革を読み解く 村井敏邦
裁判員制度導入の意義と現段階での課題 新屋達之
被疑者国選弁護は進展したか・改善されたのか 岡田悦典
取調べの可視化は進展したか・改善されたのか 中川孝博
裁判の迅速が公判の形骸化にならないために  
――公判前整理手続・即決裁判を対象に 田淵浩二
証拠開示は進展したか・改善されたのか 山田直子
誤判の防止と救済  
――再審問題の学び方 加藤克佳
座談会 法科大学院での刑事実務教育  
――刑事司法改革のねらいを法科大学院でどのように教育するのか
四宮啓・日野正晴・村井敏邦(司会)

[ロー・クラス]
労働法の将来 
――労働関係六法案の国会提出の意義 土田道夫

女性差別撤廃条約における締約国の義務 
――NGOからの提言を話し合った国際会議 近江美保

法令読解心得帖 
――法律学習はじめの一歩(6)特別法のサインを見抜く 吉田利宏・いしかわまりこ

国際人権法ワールドレポート(8)紛争下での女性に対する暴力 伊藤和子

開発法学への招待(9)
「法と開発」(Law and Development)の理論と実践 松尾弘

人権の臨界
――路上の呼び声を聴く(3)幸福を追求する権利 笹沼弘志

判例にみる憲法実体論(27)
外国人に対する憲法上の権利保障? 井上典之

基礎トレーニング民法総則(3)民法典の基本原則 中舎寛樹

セカンドステージ債権法(18)消費寄託・組合 野澤正充

刑法総論で考える(27)共犯論 
――その4:正犯と共犯の区別、共犯関係の解消 伊東研祐

クロスワード会社法(9)リーニエンシー 弥永真生

疑問解消 刑事訴訟法(18)伝聞法則の例外 水谷規男

[最新判例演習室]
憲法
■「君が代」伴奏拒否訴訟 多田一路  
――最三小判2007・2・27  
行政法
■圏央道土地収用訴訟控訴審判決 木原正雄  
――東京高判2006・2・23  
民法
■交渉相手方に契約締結を期待させた者の責任 高田淳  
――最三小判平19・2・27  
刑法
■建造物損壊罪と器物損壊罪との区別基準 門田成人  
――最一小決平19・3・20  
商法
■白地手形の白地のままの提示と遡及権保全 笹本恭一  
――甲府地判平17・7・1  
民事訴訟法
■不執行の合意等の主張と強制執行排除手続 川嶋四郎  
刑事訴訟法
■自白の信用性 正木祐史  
――鹿児島地判平19・2・23  
労働法
■有期労働契約の雇止めの効力 小宮文人  
――京都地判平18・4・13  

[ライブラリー]
書評■森戸英幸著『プレップ労働法』 古田啓昌
書評■浜井浩一著
『刑務所の風景――社会を見つめる刑務所モノグラフ』 土井政和
新刊ガイド

[ロー・フォーラム]
人権を問う――人権救済活動の最前線から(15) 
拉致問題の早期かつ全面的な解決を  
――北朝鮮拉致疑惑人権救済申立事件 日弁連人権擁護委員会

裁判と争点

立法の話題

最新立法インフォメーション
司法改革ウォッチング  
■日本司法支援センター現場レポート/ 法テラス埼玉地方事務所

法科大学院生レポート
司法修習生
弁護士事件ファイル
司法書士の生活と意見
判事補メモ